テクニカル分析について

FX投資を始めるにあたり、テクニカル分析はとても重要です。市場動向を表したチャートを紐解くことで、今後の予想を立てることができます。
テクニカル分析は、初心者の方でも覚えやすい分析方法です。テクニカル分析をできるように、さまざまな指標や線の使い方・見方を覚えましょう。

テクニカル分析とは

チャートなどの値動きを分析し今後を予想するために行われます。
分析する際は、ローソク足、トレンドライン、移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンドなど、さまざまな動きや指標を確認し分析します。
一般的に、為替相場の方向性を表すトレンド系と、相場の振れを計算して勢いがあるかどうかなどを分析するオシレーター系に分かれます。

分析方法は大きく2つあり、チャートを観察して分析するテクニカル分析と、各国の経済指標などを元に分析するファンダメンタルズ分析があります。特に、短期〜中期のトレンドを読む際にテクニカル分析が使われ、中期〜長期の相場動向を読む際に、ファンダメンタルズ分析が用いられます。

ローソク足

テクニカル分析をするうえでも、FX取引をするうえでも、ローソク足の見方は必須です。
ローソク足を見るだけで、始値・高値・安値・終値が分かり、連続したローソク足を見てトレンドの方向性も掴める場合があります。

陰線と陽線に分けられ、陰線は始値よりも終値が安く、陽線は始値よりも終値が高いです。基本的には陽線が連続している上昇トレンド、陰線が連続していると下降トレンドの可能性があります。
なべ底やたくり底などの買いシグナルとされるローソク足や、はらみや陽の陽はらみなどの売りシグナルとされるローソク足など、多数の売買シグナルがあります。

トレンドライン

トレンドラインは、複数のローソク足を線で結ぶことにより、上昇トレンドか下降トレンドか把握ができます。ローソク足の安値同士を結び右肩上がりであれば上昇トレンドラインです。
高値同士を結んで右肩下がりであれば下降トレンドラインです。上値抵抗線や下値支持線としても使い、上昇トレンドラインをローソク足が上から下へ抜けたらトレンド転換し下降トレンドになる可能性があります。
逆に、下降トレンドラインをローソク足が下から上へ抜けたら上昇トレンドになる可能性があります。トレンドラインは、各FX業者の取引画面で自分で引くことができます。短期のスパンでも引くことができ、長期スパンでも引け、チャート分析の基本です。

移動平均線

移動平均線とは、一定期間の終値の平均値を表した線のことです。5日移動平均線であれば直近5日間の終値の平均値になります。他にも25日移動平均線、200日移動平均線、13週移動平均線、26週移動平均線など、さまざまな期間の移動平均線が存在します。

短期移動平均線や長期移動平均線とも呼ばれます。短期移動平均線は短期間のトレンドの方向性、長期移動平均線は長期のトレンドの方向性が表れます。短期線が長期線を下から上へ突き抜けた状態をゴールデンクロス、上から下へ突き抜けた状態をデッドクロスと言います。
ゴールデンクロスは上昇トレンドで買いのシグナルとされ、デッドクロスは下降トレンドで売りのシグナルとされます。ゴールデンクロスやデッドクロスが表れたからといって、確実に上昇トレンド・下降トレンドになるわけではありませんが、確率の高い1つの指標として捉えられます。

テクニカル分析の基本を抑えて取引を始めよう

上記のローソク足の見方やトレンドラインの引き方、移動平均線の見方など、チャートを分析をするために最低限必要な要素は抑えたうえで、本番の取引を迎えましょう。
まずは、デモトレードでテクニカル分析を行い取引する練習をすると良いでしょう。テクニカル分析の精度が高いほど、勝率が上がる可能性があります。

ページのトップへ戻る