ロットについて

ロットというFX用語は本やWebサイトを見ているとよく出てきます。
ロットとは取引単位のことで、覚えたからといって、FXの勝率が高まるわけではありません。
しかし、FXの勉強をする際や売買取引する際に、覚えておくことでスムーズに行えるようになりますし、共通言語として頻繁に使用します。ここでは、ロット内容や取引について紹介いたします。

ロットとは

ロットは、FX取引をする際の取引通貨量の単位のことです。
FXでは、ある程度まとまった数量を売買するようになっています。
GMOクリック証券を中心に1ロット=1万通貨のFX業者が多く、業者によっては1ロット=10万通貨の場合や、外為どっとコムやヒロセ通商のように1ロット1,000通貨の場合もあります。

1ロット=1枚と言うこともあります。実際に売買取引をする際に取引画面にも1Lot=◯と通貨量が記載されています。FX業者のホームページなどに最小ロット=1ロット、最大ロット=300ロットなど、記載してある場合がありますが、1ロットが1万通貨とすれば、最小でも1万通貨、最大でも300万通貨まで1度に売買取引ができるという意味です。
ロットの通貨数量や最小ロット数・最大ロット数は、FX業者によって異なりますので、気になる業者があれば確認するようにしましょう。

pips

ロットと同じようにFXでよく使われるのがpipsです。
FXの本やWebサイトでよく使われています。ロットとセットで覚えておくと良いでしょう。pipsは為替レートが動く際の最小単位のことを言います。
1ドルが115円15銭であれば5の部分がpipsで表されます。1ユーロの場合は1.3322ドルの最後の2の部分が該当します。共通単位であるpipsでやり取りすることにより、どの通貨を使っていても、どれくらい勝ったかなどが分かるようになります。

ロットが大きいほど利益も損失も大きくなる

売買取引の際のロットが大きくなると、取引する金額も大きくなります。
米ドル円を1ロット(1万通貨)買うのと、10ロット(10万通貨)買うのとでは、10倍の差があります。
当然、同じ値動きをしても取引金額に10倍の差があるので、利益も損失も10倍違ってきます。

FX初心者の方は小さめのロットから始めるのが良いでしょう。大きいロットでトレードしたり、レバレッジを効かせて大きいロットで勝負するのは危険です。
経験を積んだトレーダーであれば良いですが、証拠金が少なかったり、経験が浅いと、すぐに証拠金維持率が低下しロスカットになる可能性もあります。
まずは、小さいロットでトレードを重ね、チャートを用いたテクニカル分析や経済指標を元にしたファンダメンタルズ分析などに慣れて、勝率を高めることができたら、大きなロットで取引するようにしましょう。

トレードルールを守ること

何pips値動きがあれば利益確定や損切りを行う、米ドル円は最小ロット数で売買する、など、特に資金が少ない場合や、経験の浅いFX初心者の方は、自分でトレードルールを作って厳守することが大切です。つい、スワップポイントが多く得れることや、多くの為替差益を得れることから、無理をして大きめの数量のロットで勝負をしがちです。
勝てば大きな利益が得られ、投資効率の高い結果を得れますが、負けた場合は大きな損失を抱える場合があります。証拠金が少ない場合はロスカットになって資産をある程度失ってしまうこともあります。

FXは勝ちを目指すことも大事ですが、「負けないこと」を意識して取引していくことも大切です。
負けなければ自然と資産は増えていくことが多いです。
短期間で大きな利益を得ようと決して焦らずにトレードしていくようにしましょう。ある程度の経験を積み、資金の準備ができたら除々にロット数を上げて取引金額を増やしていきましょう。

ページのトップへ戻る