レバレッジについて

FX取引の大きな特徴としてレバレッジがあります。
FXを行ううえで、頻繁に出てくる用語でもあり、上手く活用することで、大きな利益を得れる可能性があります。ここでは、レバレッジの内容やメリット、注意点について紹介いたします。

レバレッジとは

レバレッジとは、少ない資金を元に大きな取引金額のトレードができるFXのシステムのことです。
FX取引の特徴の1つでもあり、元手が少ない場合でも大きな利益を得れる可能性があります。FX取引を行う場合、証拠金を預け、その証拠金の範囲で取引を行います。
しかし、レバレッジを効かせることで、証拠金の最大25倍までの金額で取引が可能になります。つまり、10万円の証拠金でレバレッジ10倍であれば100万円分の金額の取引ができるということです。

レバレッジ倍率を掛けた金額で取引をすることで、わずかな為替相場の値動きでも大きな利益を得れることもでき、投資効率を高めることができます。国内のFX業者はレバレッジ規制により最大25倍までとなっています。

レバレッジのメリット

レバレッジのメリットは、前述のとおり少ない資金で大きな利益を得れることです。FX取引は、数万円などの少ない資金で始めても、なかなか大きな利益を得ることは難しいです。
100万円以上など、ある程度まとまった資金があって、始めてコンスタントに大きな利益を得れるようになります。ただ、元手が少ない場合は100万円を貯めるまでに、長い月日が必要です。
しかし、レバレッジの仕組みを使えば、簡単に100万円の金額分の取引が可能になります。レバレッジを活用することで、資金を貯める時間も短縮できます。レバレッジ1倍の場合と、レバレッジを掛けた場合とでは利益は大きく異なります。

仮に証拠金が100万円で、レバレッジ1倍、1ドル100円の時に1万ドル買い、1ドル101円で決済した場合、1万円の利益が得れます。同様の条件で証拠金100万円にレバレッジ10倍掛け決済した場合は10万円の利益を得れます。
また、レバレッジ倍率に合わせて、スワップポイントも受け取れますので、大きな金利収入を得ることも可能です。

レバレッジの注意点

レバレッジの仕組みを使うことはメリットばかりではありません。注意しなければいけないこともあります。1番注意しなければいけないのは、レバレッジを効かせることで、大きな利益を得れる可能性もありますが、大きな損失を負う可能性もあることです。
証拠金に倍率をかけて取引額を大きくし、その分大きな利益を得ることもあれば、同じ倍率の損失を負うこともあります。
証拠金100万円で、1ドル100円の時に1万ドル買い、1ドル99円で決済した場合、1万円の損失です。レバレッジ10倍の場合は、10万の利益を得る可能性もありますが、10万円の損失になることもあります。つまり、ハイリスク・ハイリターンであることを認識しておかなければいけません。
また、スワップポイントも倍率に合わせて受け取る金利差分も大きくなりますが、支払わなければいけないスワップポイントも増えますので、低金利通貨を保持する場合は注意が必要です。
特にFX初心者の方は、レバレッジの倍率を高めすぎないようにした方が良いでしょう。

また、強制ロスカットになる可能性もありますので、証拠金維持率には気を付けなければいけません。ロスカットとは、含み損が大きくなり、予め設定されている必要証拠金維持率を下回った場合に適用される強制決済のことを言います。
投資家の資産を最低限守るための制度で、設定されている証拠金維持率は各FX業者によって異なります。レバレッジを効かせた取引を行うことで、大きな損失を負う可能性があります。
証拠金が少なかったり、レバレッジを掛けすぎたりすると、あっという間にロスカットになり、資産を大きく失ってしまいます。

ページのトップへ戻る