株式投資のメリット・デメリット・注意点

今や、自分のお金は自分で守る時代になりました。
国に過剰な期待はできないので投資をしている人も多いですよね。
投資と一口に言ってもいろんな方法があります。
その中で今回は経済誌でも人気の株式投資の基本的なメリットやデメリットについてご紹介していきたいと思います。


株式投資のメリット

まず、株式投資のメリットといえば、投資の中でも敷居が低いということです。
20歳以上で日本に住民票がある人であれば、証券会社に口座を開く権利があります。
住民票を取得するには、数百円の手数料、そしてそれを証券会社に郵送する程度のお金があれば投資の準備は完了です。
投資資金についてもミニ株などが取り扱えることを考えると数万円からスタートすることが可能です。
不動産や金といった現物投資よりも換金もしやすいので、現金が必要になったときに資金を引き出すのもしやすいです。
株価が安いときに買って、高いときに売ればいいというルールがとてもシンプルなのも利点といえます。
株主優待や配当金を受けれるのも株式投資のメリットの1つです。株主優待とは、株主となっている会社から、商品券や割引券など、さまざまなサービスを年1回〜2回受け取ることができます。株を長期保有してもらうための施策の1つでもあります。株主優待を受けるには、権利確定日に株主名簿に載っている必要があります。配当は、株主となっている会社が出した利益の一部を還元するものです。1株あたり◯円など、会社により異なり、年1〜2回貰えることがあります。配当金が投資した金額に対してどれくらい貰えるかは、配当利回りを見て、ある程度把握ができます。いずれも保有株に応じて受け取るサービスや金額が変わります。


株式投資のデメリット

ただ、簡単に始められる分、知識もなく初めてしまうと損失を出しやすいといえます。
株価は常に上下に変動しているので、初心者では上がるか下がるかを見極めるのが極めて難しいです。
また、投資する銘柄も慎重に選ぶ必要があり、それには時間もかかります。
分析にはさまざまな方法があり、勉強しなければ儲けることが難しい投資でもあります。
また、円安やアメリカの経済状況など、個人の力ではどうしようもならない力によって株価が動くので、自分の思い通りにならないことも多いといえます。
それと簡単に信用取引として、自分のものではないお金や株を売買できるので、下手をすると大損する可能性もあります。



株式投資の注意点

株式投資には、メリット・デメリット両方があります。
参加しやすい分、リスクも高いハイリスク・ハイリターンな投資法の一つです。
株価の上下動を予測しなければならず、いろんな指標を知る必要もあり、儲けるためには、時間も手間もかかる投資です。
また、知らずに大金を使って大損する可能性も高いので、余剰資金でやるといった基本的なルールを守って投資をするのがオススメです。
株式投資をする場合は、売買にあたり取引手数料がかかってきます。そのため、手数料を差し引いた差益が利益になり、損失にもなりますので注意しましょう。SMBC日興証券などの総合証券よりも、SBI証券やマネックス証券などのネット証券の方が手数料が安い傾向があります。利益を最大化するためにも、株式投資を始めて間もない頃は、ネット証券を選択して資産運用をしていった方が良いでしょう。ネット証券の方が、スピーディーですし慣れるまではおすすめです。


株式投資は、ハイリスク・ハイリターンの投資法ですが個人でも儲けるチャンスがある投資であることは間違いありません。
数千社ある企業の中から有望な銘柄を選ぶ楽しみもあるので、それを楽しめるならば人生に彩りを与えてくれる投資の一つといえます。

 


ページのトップへ戻る