金投資のメリット・デメリット・注意点

世界のお金持ちもやっている投資法

投資には様々な種類がありますが、その中でも富裕層に人気なのが金投資です。
文字通り、金に投資をする方法で金の価値が上がることによって利益を得ることができます。
日々金の値段は変動しますが、年々価格を上げているため、人気の投資です。
中東地域では、金の装飾品を身につける人が多いのですが、これは万が一のことがあっても、売ればお金になるからという知恵によるものだったりします。


金の価値が廃れなければ、持っていて損をしない

金投資の魅力は、なんといっても金の値段が上がれば上がるほど儲けることが出来るという点です。
現代社会において、金の価値が廃れることはほぼありません。つまり、持っていて損はしないということです。
株であれば、企業がつぶれてしまうと価値がゼロになってしまいます。
しかし実物資産である金ならば、そういったリスクが少ないというわけです。
また、インフレでもデフレでも、純金の価値は大きく影響しない点でも安定した資産になります。
さらに、金投資は、金利が付きませんので、マイナス金利になった際でも、金利によって直接的に価値が目減りすることはありません。金は、よく「有事の金」「安全資産」と言われます。
株安、通貨安になった際に、リスク分散のため、世界各国の投資家の投資先が金に集まることが多いためです。国が破綻や経済危機に陥ってしまうと株も国債も為替の価値も大幅に損なわれてしまいますが、金は違います。そういった、世界情勢に左右されにくく、価格変動リスクが少ないため、「有事の金」「安全資産」と言われます。
FXや株式投資であれば、為替相場の動きにより円高・円安・株高・株安と激しく値動きする可能性がありますが、金はよほどのことがない限りは大きな値動きが少なく値動きに安定性があります。

しっかりと手数料等を確認すべし

ただし、金を直接買うわけではないので、金投資といっても現物が直接見えない状態で売買を行うことになります。
手数料もかかるので、コスト面もしっかりチェックしたいところです。手数料がかからないケースもありますが、そうするとある程度の資金が必要になってきます。つまり、ある程度の資産がないと投資効率が落ちるというデメリットがあります。また、長期保有が基本となりますが金を保管するためには管理費用がかかります。

自宅で保管するといった方法もありますが、盗難などのリスクが高いです。
確実に保管するために、信頼できる業者を探し、一定金額の保管料を支払い続ける点でもデメリットがあります。
初期投資の高さと管理費用の高さがネックといえます。
安全資産と言われても、株式投資などと同様で、価格変動があり元本保証はされていません。そのため、投資した金額よりも価値が下がる場合もあります。また、メリットでもありデメリットにもなりますが、金利が付きませんので、利息を得ることはできません。購入時と売却時の市場の価格差で利益を得る必要があります。


いろんな選択肢を考えるべし

純金積立ならば、少額から購入できるので投資資金が少なめの人は検討してみるのも一つの手です。
楽天証券などは、毎月1000円から金投資できる投資商品も扱っています。
金を含むETF等もあるので、一部を金投資にするという投資方法もあります。
他にも、直接金を購入する方法や、金先物取引などもあります。

それぞれにメリットやデメリットがあるので、自分の現状に合わせた投資手法を選ぶ必要がありそうです。


金投資を上手に活用しましょう

金投資は、利息がついたりしない分、株式投資等の投資とは性質が異なる側面があります。
金を管理する能力や財力も問われます。
しかし、その分安定した資産形成につながる投資でもあるので、上手に活用してリスクに備えるには適した投資対象といえます。

 

ページのトップへ戻る