FXの基本とやり方

FX取引を行いたい場合は、どのようなことを準備すれば良いのでしょうか。FXの基本となる部分をしっかりと身に付けたうえで、本番を迎えないと負けるリスクが高まります。ここでは、FX取引を行うにあたり、抑えておくべき基本的内容や始め方について解説します。

注文方法を覚える

いきなり本番のFX取引を開始するのではなく、最低限必要な知識を身に付けて始めるようにしましょう。その1つが注文方法です。新規注文や決済注文をする際に、次の3つの注文方法は把握しておきましょう。1つが成行注文です。注文した時点の為替レートで注文されます。次に指値注文です。予め為替レートを指定して、指定レートになったら買い・売りが発生する注文方法です。最後に逆指値注文です。指値注文の逆で、自分にとって不利な方にレートが動いた場合に指定したレートで買い・売りが注文されます。他にも、イフダンやオーシーオー注文などありますが、成行・指値・逆指値注文は覚えておきましょう。

分析できるようにする

FX投資を行うにあたり、為替相場の分析をすることは非常に重要です。FX初心者の方でも、分析方法の基礎的なことは把握したうえで売買取引を始めましょう。チャートの動きを観察し今後のトレンドを読むテクニカル分析や、各国の経済指標などの情報を元にトレンドを予想するファンダメンタルズ分析など、身に付けることで勝率を上げれる可能性があります。自分のお金を預けて取引するわけですので、これらの基礎的な内容は、本番を始める前に習得しましょう。また、分析にあたり、ローソク足の見方や、トレンドラインの引き方、移動平均線の見方なども覚える必要があります。

デモトレードを行う

本番のFX取引を行う前に、必ずデモトレード取引をしましょう。デモトレードとは、実際のお金ではなく、仮想通貨を使って、本番同様の取引ができる練習サイトです。勝っても負けても、実際のお金が増えたり減ったりすることはありませんので安心です。各FX業者それぞれで提供しており、実際に本番で使う取引画面で操作できます。デモトレードを行うメリットは2つで、1つは実践さながらのFX取引を体験できること、2つ目は取引画面や取引ツールを使い本番で使うFX業者を選定できることです。チャートを見ながら実際の通貨ペアを使い取引することで、自分の分からないことや、疑問がたくさん出てきます。これらの疑問点を勉強することで知識が蓄積され、勝って利益を上げることに繋がります。FX取引を始めるにあたり、どのFX業者を利用するか決めなくてはなりません。業者によって取引画面や取引ツール、通貨ペアなどが異なります。自分にとって使いやすい業者が1番ですので、デモトレードを通して、操作性・使い勝手を確認します。

FX業者を決め口座開設し取引を始める

デモトレードなどを行い、利用するFX業者を決めたら口座開設をし、本番のFX取引を開始します。FX業者や証券会社の口座を開設しないと、取引は始めれませんので注意が必要です。口座開設後は、証拠金を入金し取引が開始できます。尚、口座開設はネットから手続きができます。審査もありますが、審査の難易度は決して高くはありません。本人確認書類などの提出も必要ですので準備しておきましょう。

初めは大きな資金を投入しないこと

初めから大きな資金を投入したり、レバレッジをかけての取引は避けるようにしましょう。ある程度の経験と実績が出て、大きな取引を行うようにしてください。そうでないと、大きな損失を負う可能性があります。経験を積むなかで自分なりの取引手法が確立され、勝率が上がることもありますので、初心者のうちは大勝負しないことは大切です。

ページのトップへ戻る