ファンダメンタル分析について

株式投資やFX投資をしている人であれば、使っている人も多いであろうファンダメンタルズ分析。テクニカル分析と一緒に使う人もいれば、ファンダメンタルズ分析のみで投資判断を行うトレーダーもいます。ここでは、ファンダメンタルズ分析の内容や気をつけるべきことについて、紹介いたします。

ファンダメンタルズ分析とは

国内のニュースだけ見ても、財務大臣など重要な役人が為替について一言コメントしたり、日本銀行が量的緩和を行ったりすると、相場が大きく値動きする場合があります。また、アメリカが利上げしたり、雇用統計を発表するだけで、1円以上相場が動く場合もあります。これらの各国の動向を分析し、予測してトレンドを読むのがファンダメンタルズ分析です。ファンダメンタルズ分析は、FX投資だけでなく株式投資などでも活用される分析方法です。株式投資の場合は、投資対象である企業の業績などの指標を見て分析し投資判断を行います。FX取引の場合は、各国の経済指標や経済状況、経済政策、中央銀行の金利政策など、世界経済を分析して、今後成長が見込めるか否かを判断し、為替市場において、上昇トレンドになるか下降トレンドになるかを予想します。ファンダメンタルズ分析をする際には、FOMCなどの各国の政策金利、GDP(国内総生産)、消費者物価指数、経常収支、貿易収支、雇用統計、失業率、財政収支などを参考にすると良いでしょう。また、いつ起こるか分からないテロなどの地学的リスクには十分に気をつけなければなりません。

テクニカル分析と一緒に使うと効果的

ファンダメンタルズ分析は、短期のトレンド予想よりも、中期〜長期のトレンド予想に向いていると言われます。そのため、スキャルピングやデイトレードなどの、短期間で頻繁にトレードを行うトレードスタイルの場合は、チャート分析を主としたテクニカル分析の方が良いでしょう。ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析と両方を使うことで、予想の精度が高くなり勝率が上がる可能性があります。特に初心者の方は、毛嫌いせずに両方を使ってみることが大事です。

損切りを徹底すること

為替相場が大きく動くようなニュースが時折あります。最近ではブレクジットや米国大統領選挙がそうです。どれだけファンダメンタルズ分析で中期〜長期のトレンドを読んでいたとしても、大統領選のようなビッグイベントがあり、予想と反する方向へ為替レートが動く場合があります。数円単位で急激な値動きがあるため、大きな損失を含んでしまい、証拠金維持率が低い場合はロスカットになる可能性もあります。そうならないように、ファンダメンタルズ分析でトレードする場合も、テクニカル分析で行う場合も、分析方法に関係なく、自分で損切りルールを設定し徹底しましょう。資金管理も非常に重要です。

初心者の方は参考書とデモトレードで練習する

FX初心者の方は、ファンダメンタルズ分析に関しては、参考書籍を使ってしっかりと勉強をしましょう。最低でも1〜2冊は読んで、どういった経済政策や経済指標が為替への影響力が強いのかを把握・理解することが大事です。また、実際にファンダメンタルズ分析をして、トレードを行ってみると良いでしょう。いきなり実際のお金だと不安がある場合は、デモトレードを使って練習をしてみると良いです。デモトレードは各FX業者が提供していて、仮想マネーを使用しますので、勝っても負けても実際のお金に影響はありません。知識を得て実践を通してファンダメンタルズ分析を経験することにより、精度が上がり、勝率が高まる可能性があります。FX投資で利益を上げていくうえで、ファンダメンタルズ分析は非常に重要です。

 

ページのトップへ戻る