不動産投資のメリット・デメリット

長年注目されている投資商品の1つ不動産投資。どのようなメリットがあり、投資を行っているのでしょうか。また、デメリットはどのような点があるのでしょうか。ここでは、不動産投資のメリット・デメリットについて、紹介します。

メリット①:長期的な収入源

アパートの一棟買いやワンルームマンションなどの物件を購入し貸し付けることで、毎月家賃収入を得れます。株式投資やFX取引では、毎月一定額を安定して得ることは難しいですが、不動産投資であれば、空室にならない限り、決まった家賃額が収入として入ってきます。先々までのある程度の収入が読めます。本業の収入が減ったとしても安心です。資産運用としても老後の年金代わりとしても期待できます。賃貸需要の高いエリア・物件であれば、高く長期間にわたり家賃収入が見込めます。

メリット②:団体信用生命保険

不動産を購入する際のローンは団体信用生命保険に加入することが義務付けられています。団体信用生命保険に加入することで、ローン契約者が万一、死亡したり高度障害などになった場合に、ローンの残額が保険から完済され、ローンのない状態の不動産を家族に残せます。通常の生命保険だと、年齢によって保険の支払額が上っていくのが一般的ですが、団体信用生命保険は、何歳になっても一定額です。万一の際に、ご家族に負担を残しません。

メリット③:インフレなどで物価価値が上昇する

不動産投資で得れるのは家賃収入だけではありません。インフレなどにより物価価値が上がり、土地や建物の価値が上がれば、売却して利益を得れる可能性があります。該当物件のエリアに再開発が入ったり、近くに大学などの教育機関ができたり、国や都道府県指定で特区などになったりなど、さまざまな要因でその土地や建物の価値が上がることがあります。場合によっては購入時の価格よりも、売却時の価格の方が高いこともあります。

デメリット①:空室リスク

不動産投資で家賃収入を得る場合、空室になってしまうと収入が止まってしまいます。賃貸管理会社などが入居者募集をかけても、すぐに空室が埋まるとは限りません。空室期間が長いほど収入が0円の期間が続きます。ローンを家賃収入で払っている場合は、ローンの返済も重荷になります。

デメリット②:老朽化に伴う修繕費用

マンションやアパートは時間が経つと経年劣化により、老朽化します。あまりに老朽化が進むと借り主が見つからなかったり、家賃を極端に下げないといけなくなる可能性があり、修繕しなければいけません。壁紙、フローリング、畳、キッチン、浴槽、トイレ、外壁など、さまざまな箇所の修繕が必要です。エアコンなどの設備も古くなるので故障しやすくなります。修繕費用はある程度まとまったお金が必要ですので、家賃収入で得た利益を圧縮してしまいます。

デメリット③:不動産価格の下落リスク

建物や投資している部屋で事件や事故などが起きてしまうと、不動産価格が下落する可能性があります。その他にも、物件のあるエリアで何らかの事象が起きたり、近くの大学や大型商業施設がなくなったりすると、賃貸需要が低くなり、不動産の価値が下がる可能性がありますので注意が必要です。

デメリット④:まとまった初期投資が必要

中古の安い物件であれば数百万円でありますが、新築や立地の良い物件だと数千万円以上することがザラです。ローンを使用するにしても全額は厳しいので、ある程度まとまった自己資金が必要です。

デメリット⑤:流動性リスク

不動産を売却して現金化をしたくても、すぐに買い手が見つかるとは限りません。場合によっては売却できるまでに数年かかることもあります。流動性の低さは不動産投資のデメリットの1つです。

デメリット⑥:金利変動リスク

ローンを組む際に金利の低い変動金利を選ぶ人は少なくありません。変動金利の場合、一定期間ごとに金利が変わりますので、将来的に金利が上がるリスクがあります。金利が上がると毎月のローン返済額も上昇してしまいます。

ページのトップへ戻る